NYのゴスペルチームで

歌っていたヴォーカル

コーチ主催choir

"be Awake"


 Your voice is GIFTED!! 

その声を使って仲間と共鳴しましょう!


ゴスペルにどんなイメージをお持ちですか?

長い歴史の中で生まれた
身体中に響く魂の歌声。
それは聴く人の心を揺さぶり続けています。

このchoirでは、個々のもつ声も生かし、みんなで共鳴する歌声を目指します。

本場アメリカのゴスペルグループに所属しステージに立っていた
Shinoeが ディレクションを担当します。
歌詞の解説、発音矯正も行い、
何より皆で奏でる音色作りをしっかりサポート。

自分の声に、クワイアに、ゴスペル音楽にリスペクトを持ちながら
チームで奏でる音の感動を是非体感してください。

実際はどんな歌声なの??

ゴスペル=アカペラ?と聞かれた時期もありました。
ただ、まだまだ実際の歌声はどんなものか認知度は低い現状。

では実際のGospel musicを歌うシンガーたちの歌声とは?
本場で生歌を聞いていただくのが一番ではありますが、
参考までに様々な動画をプレイリストにしてまとめたものがこちら↓
現在はほんの一部のご紹介となりますが、随時更新していきます。

楽譜が読めなくてもOK!
加えて発音も矯正します

そもそも現地のリハーサルで、シンガー勢は譜面とにらめっこすることはありません。
現地のリハーサルを再現し、歌詞だけの共有にてレッスンを行います。

また歌詞を正しく発音し理解することも、曲に対するリスペクトの一つ。

英語にはリズムがあります。発音矯正はもちろん大事。しかしそれだけでは不十分。アメリカ英語の流れをつかんで歌います。

ディレクターは?

現役ボーカルコーチ・シンガーソングライターShinoe。
西南学院大学英文学部卒業。アメリカ文学を研究し、黒人の歴史と文化を学びゴスペルが何かを追求。ゴスペルを追求するには、彼らと同じ生活を体験するべきだと思い、32歳で単身渡米。
何度か死にかける経験もして、歌い続けた。

LAとNYで合わせて4年音楽活動。現地のゴスペルチームに所属しステージに立つ。現地の仲間と声を合わせた体験をベースに、レッスンを行なって行く。

音色がものすごく大事!!

身体中に電気が走るような響きのある黒人のような声から、日本人の特色を生かした艶と繊細さをうまく融合させて、チームの音をしっかり作り上げていきます。

ダンスのレクチャーも!

歌声だけでなく、体の動きも大切。不定期にダンスの講師を迎えて、体の使い方から曲への乗り方、体の動かし方をしっかりレクチャー。ステージ映えするチームを目指します。

迷ったら一度 Try!

一度見学して体験してみてください。
体験は無料です。
思いついた時がタイミング。
合うと思えばそのままご継続ください。